大下 英治 おおした えいじ

1944年、広島県生まれ。
広島大学文学部仏文科卒業。
1970年、「週刊文春」の記者に。記者時代『小説電通』(徳間文庫)を発表し、作家としてデビュー。さらに月刊「文藝春秋」に発表した「三越の女帝・竹久みちの野望と金脈」が反響を呼んだ。1983年、「週刊文春」を離れ、作家として政財官界から経済、芸能、事件まで幅広いジャンルで創作活動をつづけている。

プロフィール
カテゴリ:文化・教養
専門分野:政治・芸能
肩書き:週刊文春元トップ屋
著書

『映画女優 吉永小百合』(朝日新聞出版)
『闘争! 角栄学校』(講談社)
『トップ屋魂 首輪のない猟犬』(イースト・プレス)など400冊以上に上る。

ゆかりの地

広島
広島カープの大ファンです。

このユニーカーのスキルチケット